2010年06月18日

カサブランカ半日観光

引き続き、ブルキナに到着する前の話。

モロッコのカサブランカに昼すぎに着き、ブルキナへのフライトが夜中だったので、
30ユーロだけ両替して、半日観光しました。

空港から列車で30分、40DH(1DH=約10円)で市街地へ。
カサブランカは商業都市で、大きいビルが立ち並ぶ都会でした。
旧メディナをぶらぶら歩き、世界で2番目だか3番目だかに大きいモスク
ハサンUを見て空港に戻りました。

外国人相手の仕事をしている人(ガイド、一部のタクシー運転手)以外は
本当に素朴で、穏やかな人が多いように感じました。
もうちょっと長くいたい気もしましたが、半日でも十分満喫できました。

IMG_6370.JPG
↑電車の中で隣り合わせたハサンちゃん。フィアンセがドイツで働いていて、その彼を空港で見送った帰りだった。ビザをとって、こちらで結婚式を挙げてから10月頃には渡独すると幸せいっぱいの表情で話してくれた。モロッコの教育事情、カサブランカの観光情報などいろいろ教えてくれた。

IMG_6377.JPG
↑カサブランカ市内。国連広場前。左に見えるのが旧メディナの壁

IMG_6391.JPG
↑旧メディナB級グルメ(?)を堪能。なんと、エスカルゴのスープ!一杯1DH=10円。学校帰りの子どもたちに大人気。薬味の味が強くてエスカルゴの味はよく分からなかったけど、なんとなく体によさそうな感じ。

IMG_6415.JPG
↑ハサンUモスク。外国人も中に入れるが、14時までだったのでアウト。(着いたのは17時すぎ)近くでサッカーをしてきた15歳くらいの男の子たちにナンパされ、ちょっとおもしろかったので、いろいろおしゃべりしたりからかい合ったりして時間を過ごした。すぐ横が海で、地元の子たちが泳いでいた

IMG_6418.JPG
↑帰りの列車の車掌さん。列車は1時間の一本程度。駅に着いたらちょうど列車が来て、「ほら、急いで乗って」とせかされた(ところをパシャリ)。
posted by ともちゃん at 10:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エミレーツの旅

話は前後しますが、ブルキナに到着するまでの旅路は
なかなかよかったです。

関空〜ドバイ〜カサブランカ(モロッコ)に使った
エミレーツ航空が最高でした。

まず、ごはんが素晴らしく美味しい!
関空〜ドバイ便では、自然食レストランでシェフをしていた
女性と隣り合わせたのですが、その彼女も評価していたほど。

次に、機体がよかった!
座席の間の通路の天井が、電気が落ちると
プラネタリウムのような星空になるのです。ロマンチックでした。

スッチーさんもフランクで、綺麗な人が多い!
一番前の座席だったので、入社数ヶ月という日本人スッチーさんから
ドバイ生活の話とか仕事のこととかいろいろ聞かせてもらいました。

IMG_6344.JPG
↑関空〜ドバイ便の夕食。機内食にしては感動的な旨さでした!

IMG_6353.JPG
↑機内から見たドバイの町。年間降水量0mm、外国人90%の町

posted by ともちゃん at 10:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋人との再会!

ブルキナに来て、はや半月が経ちました。
いろいろなことがあったので一体何から書き始めればいいのか
悩むのですが、やはりここは恋人との再会ネタから!!

じゃじゃーーん!
IMG_6585.JPG

3歳9ヶ月になったジュール君(左から2人目)と、
協力隊時代の任地・ドリで再会しましたハートたち(複数ハート)
再会の日、私を見つけた途端、「トモコー!」と駆け寄ってきてくれました。

一年前はまともに会話できなかったのに、いまやフランス語をぺらぺらしゃべります。
(当時は「トモコ」と言えず、「コッコ」と呼んでいたのにいまははっきりと「トモコ」と発音できる)
やんちゃなのは相変わらずで、どこにいても落ち着かず
きゃっきゃっ走り回ってました。

彼がまだ1歳2ヶ月のときから知っているので
彼の成長ぶりについつい目を細めてしまいました。


posted by ともちゃん at 08:59| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。