2010年08月02日

Alanは語る。(いつも一方的に…)

第二次大戦中、この町は何度もドイツ軍の空襲に遭って、
その度にシェルターに避難してたんだよ

ちょっと前まではこの町に12の靴工場があって、
何千人という労働者を養えたんだ
それがいまはすべてマレーシアなんかに移っちまって
manufactureの町なんてもう言えやしない

この地方は農業がさかんでね、ビールの醸造所がいくつもあって
有名なコンクールで賞をもらったビールもあったんだよ
それなのに多くの醸造所が大手のビール会社に買収されちまって
ここのオリジナルの味は消えちまった

  等々・・・


この町とともに73年の時を歩んできたホストファザーのAlanと話をしてると、
この町の歴史が見えてきます。

Alanは、ちょっと偏屈者なところがあるけど、実のところ人や動物が大好きで、
いつもはリビングでソファに座って一人でテレビを見てるのに、
食卓で私がごはんを食べてるとさりげに近くに寄ってきて、
なんやら話を始めるかわいいお父さんです☆
(しかし彼の英語は非常に聞きづらく、しかも一方的にしゃべり続けるから
実は言ってることの半分も理解してないのに適当に相槌うってる私。ほほ)


  *  *  *

この週末は、土曜日に遊び呆けてしまったので、
日曜日の今日は昼前から大学の図書館に行って、8時くらいまで必死で宿題やってました。
(でも8時でも明るいから「遅くまで勉強したー!」という満足感がないのが難点・_・)

また一週間がんばるじょ〜

IMG_7215.JPG
↑本日の空模様。一日中曇りでした。こちらは、聞いていたとおり、天気が本当にコロコロ変わる!天気の話はまた今度じっくり☆
ちなみに気象レポーター(?)は、うさびっち。撮影場所、キャンパス内。

IMG_7202.JPG
↑学校の敷地内に小さな湖があって、学外の人(家族連れとか)もよく散歩に来ます
posted by ともちゃん at 08:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。