2010年10月20日

Rの壁は果てしなく高い

英国大学院生活も4週目に入りました。
最初は勉強の要領もよく分からないし、いろいろな学内ソサイエティ
(学部、コース、日本人等)の交流パーティーもあり
生活のペースをつかめずに落ち着かない日々が続きましたが、
ようやく腰を落ち着けて勉強できる環境(+気持ちの面でも)ができてきました。

心配していた英語の方も、もちろんネイティブに比べたら
読むのも書くのも聞くのも話すのも劣るのは仕方ないですが、
思ったよりレクチャーやセミナーについていっています。

ブルキナ時代、任地に赴任してまだ2ヶ月目に
小学生以下レベルのフランス語で小学校の子どもたちの前で授業をした
度胸がここでも生きていて、
レクチャーでは前の方の席に座って拙い英語でけっこう質問してます。


そんなわけでそれなりにこなしている(つもり)なのですが、
唯一苦戦しているのが、社会調査法の某R教授の授業。

なにを言っているのかさっぱり分からず、授業の理解率は毎回2〜3割。
独特の強弱のある英語を弾丸のように切れ目なく2時間話し通すのです。

噂では今年で定年退職されるという年齢でありながら、
よく2時間も弾丸トークが続くなあ・・・と感心している場合ではなくて、
ちゃんと予習しても、いくら耳と頭と心を彼の言葉に集中させても、
本気で分からないんです!
どの言葉もまったく頭に引っかかってこないのです!

おかげで収穫のない2時間の授業が終わった後の疲労感は半端でなく、
呆然として、しばらく何をする気にもなりません。。。
そしてまわりを見渡すと、海外からの学生も同様にぐったりしている様子。。
「今日、どれだけ分かった?」が授業後のいつもの会話です。

おそるべし、R教授。。。


しかも、今日の授業後、アメリカ人の同級生に
「ネイティブはいいだろうけど、私たちはまったく彼の授業についてけない」
と愚痴をこぼしたら、
「俺もRの言ってることさっぱり分からなかったよ」。

ナニッ!!

ネイティブさえも理解できない、Rの授業。
彼は一体、誰に向かって話をしているのだろう。。。


しばらくRとの闘いは続きます。
学期の終わりには克服していることを願いつつ。。。
負けるもんかー! (今日は完敗だったけどね☆)


+ + + +

IMG_8030.JPG
Norwichは落ち葉の季節です。

IMG_8031.JPG
休みには落ち葉掃きをする人があちこちに。

IMG_8038.JPG
心の潤いを保つためにお花買いました。


そういえば、同級生のきょうこさんのブログに私がちらりと登場。
http://zazie13.blog135.fc2.com/blog-entry-60.html
彼女は女性誌の編集を長くやってきて、いまは「開発とメディア」コースで学んでます。
日本人同級生もいろんなバックグランドを持った人が集まっていて
それぞれの経験を聞くだけでもすごく勉強になります♪
posted by ともちゃん at 07:55| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。