2010年12月30日

マスクのない国

連日パーティーで楽しんでます。
学期中は友達とはしゃいだり、じっくり語り合うことも
あまりできなかったので、とてもいい機会♪


ところで風邪をひいてるときに発見したこの国の驚きの事実、
それは・・・

風邪をひいてもマスクをしない!

ということ。


図書館へ行きたかったのに咳が出るので、
いま風邪が流行ってるし、当然売っているものと思って
近所のスーパー・テスコに寄ると、
日用品コーナーにもレジ横にもどこにも見当たらない・・・。
おかしいなと思い店員に尋ねると、
「そんなものは売っていません」。

そのテスコは小さいお店なので、隣にある大きなコープなら
きっと売っているだろうと期待して向かうと、
そこでも、「そんなものは置いてません」。
さらにそこでは「なんでそんなマスクが必要なんだ?」と逆に聞かれ(怪しまれ)、
「咳が出るから」と返すと、
その店員は急に一歩下がり、「私は食品担当だから(うつされたら困る)」と、
差別的対応をされました・・・(T_T)

大学内のショップにも行きましたが、そこにも置いてませんでした。


イギリス人の友達にそのことを話すと、
彼曰く、「英国内で白いマスクをしてたらテロリストだと怪しまれる」そうな。
テ、、テロリスト!!

また、日本にいる友達から聞いた話によると、
彼女のアメリカ人とスイス人の友達が日本に来たとき、
マスクをした人たちを「彼らは何者だ」と不審がったそうです。

アメリカ留学中の友達から、「アメリカにもマスクは売っていない」と
報告を受けたので、つまりアメリカにもマスク文化はなさそうです。


風邪をひいたとき、風邪がはやってるとき、といえば
他人に迷惑をかけないためにも、また自衛手段としても
マスクをするのは当然、と教育を受けてきた身には軽くカルチャーショックなんですが、
日本在住歴10年のイギリス人の友人も、
「イギリス人は日本人の思いやりに満ちた行為を見習うべきだよ。
あちこちで風邪菌を飛び散らしても平気な顔してる」
と日本のマスク文化を評価。

うーーーん、しかし困ったものです。
大学でよく風邪やインフルエンザが流行るのでマスクをしたいけど、
売ってもいないし、たとえ見つかっても、マスクをすればテロリスト扱い。
どうやってわが身をウィルスたちから守ればよいものか。。。


   *  *  *


明日から旅に出ます!
皆さま、よい年をお迎えください!!


posted by ともちゃん at 03:26| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。