2011年01月11日

ともちゃんの冬休み

Feriz Ano Nuevo!!!

あけましておめでとうございます。

新たな年の幕開けは、イギリス南部、コッツウォルズ(Cotswolds)地方の
小さな街(だけど一応この地方の中心都市らしい)サイレンセスター(Cirencester)で迎えました。

IMG_8687.JPG
↑右から大親友M、Mの学友(ベトナム人)、とも、日本から来たMの友人たち。おせちを食べてます



テレビでロンドンやエディンバラの華やかなカウントダウンイベント中継を見ながら
新年を迎えると、窓の外から、期待していなかった花火の音が。

皆で急いで靴をはいて外に出て、花火の見える場所を求めて走り回ると、
おそらくロンドンで打ち上げられていた花火の10分の1のスケールの花火が上がっているのを見つけ、
歓声をあげようとしたその瞬間・・・!

この静かな街に再び静寂が訪れました・・・(ToT)

花火の音が聞こえてから、その間約5分弱。

6年来の大親友と、彼女の友達とのパーティーは楽しかったのですが、
「もう一度イギリスで新年を迎えられるなら、今度はロンドン行くかな」
と彼女とつぶやきあいました。

【参照】
ロンドンの花火(BBCより)
IMG_8683.JPG

サイレンセスターの花火(この2発の後、静寂が訪れた)
IMG_8684.JPG



年末年始は、このサイレンシスターや
三百年前にタイムトリップしたような町並みが残るバイブリー(Bibly)、
イギリス南西部の中心都市・ブリストル(Bristol)、
ローマ時代の大浴場跡がありお風呂の語源にもなっているバース(Bath)を観光しました。


IMG_8715.JPG
↑サイレンセスターのパブ。1月2日の昼頃、飲みに集まったおじさん達は「本日休業」の貼り紙にがっかりした様子

IMG_8633.JPG
↑バイブリーの古い家並み

IMG_8650.JPG
↑パンくずをあげる少年に群がる鴨たち。バイブリーではいろんな種類の鴨を見ました

IMG_8755.JPG
↑ブリストルで有名なクリフトンつり橋。渓谷にかかっており、なんと150年前から使われているらしい。丘の上から見下ろすブリストルの町の夜景と、ライトアップされたつり橋がきれいでした。
  

それぞれに見所があり、一緒にまわった愉快なメンバーのおかげで楽しい思い出も尽きないのですが、町としてはバイブリーが、名所としてはバースのローマン・バス(The Roman Baths)が、「ともちゃんを感動させてくれたで賞」最優秀賞に輝きました。

特にローマン・バスは、驚きと発見の連続!
紀元前1世紀にローマ人によって建てられたこの大浴場にはいくつもの浴場があり、種類も冷泉やジャグジー風呂までありました。
まるで日本のスーパー銭湯みたい(笑)。
床暖房や排水のシステムもちゃんとあって、ローマ時代の技術水準の高さが伺えます。

さらにこの施設は、湯治や娯楽の役割以外に、
聖なる泉が湧くとして信仰の場としても人々を惹き付け、
当時広大な領土を誇ったローマ帝国全土(つまりヨーロッパ大陸やアフリカ大陸北部)から多くの人が訪れたそうです。

IMG_8826.JPG
↑大浴場


施設内に、人々が女神スリス・ミネルバ宛てのお願いを書いた小さな銅版を投げ込んだ聖なる泉(sacred spring)があって、そのお願いは呪いのものが多かったんですが、おもしろかったのは、その呪いの内容が、

「俺の浴用ガウンを盗んだ奴の幸福を一生奪ってください」

など、意外と小さなものばかりだったらしいこと。
それだけ平和な時代だったのでしょう。

このローマン・バスは数年前に見学施設としてさらに整備されただけあって
企画盛りだくさんで、見学に最低2時間は欲しいくらいの充実した施設です。
入場料は結構高い(10ポンド=1300円くらい)けどそれ以上の価値はあると感じました。



ちなみに、このローマン・バスと同じ町にあるFashion Museumは、
「ともちゃんを感動させてくれたで賞」の大爆笑賞にノミネート。

展示内容は質、量ともに大したことないのですが、
「現代を代表するファッション」に展示されていた衣装がハテナなものが多く
一つひとつに私たちは大爆笑。

たとえばこれは1985年頃のとある一年を代表するファッションらしいんですが・・・

IMG_8803.JPG

全然わからーーーーん!!!

なぜスーツにロングのダウンジャケット着て、そして足元はサンダル!?
ファッションの世界はミステリーだ・・・。


そういえばこの美術館に、草薙くん(右)と新庄剛志(左)(に似たマネキン)がいました。↓

IMG_8799.JPG


ともちゃんの冬休み、スペイン編に続きます☆

posted by ともちゃん at 05:27| Comment(4) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。