2011年04月08日

いま思うこと

IMG_9538.JPG

また1ヶ月ほどご無沙汰していました。
前回のブログを書いたのが東北の震災の前日。
あれからあと数日で1ヶ月が経つのかと思うと、
なんだか長かったような、あっという間だったような、
不思議な感じがします。

あまりの被害の大きさに、失った2万7千という命に、
いつ事態が収束するのか見通しの立たない原発の恐怖に・・・
すべてが自分の想像をはるかにこえていて、
メディアの情報を通して津波当日や現在の状況が明らかになるにつれて
少しでも現場のリアリティに近づけてると思えば
逆に現実の凄まじさに、ますます被災地との距離を感じます。

こちらでも、最初の1週間〜10日間は日本の報道ばかりでしたが
リビアへの攻撃が始まったあたりから急激に減り、
いまは新しい動きがあれば(たとえば今日の大きな余震とか)報道される程度。
自国の軍隊が他国を攻撃するわけだから、それは重要度が高いのは分かる、
でもこうやって少しずつ人々の関心が薄れていってしまうことに
一抹の寂しさと不安を感じます。


ただ、今回の震災を通して、世界中から寄せられたシンパシーには心を動かされました。
私のいる大学でも、学部生の子を中心にチャリティイベントや募金活動をしていて
その企画に本当に多くの教員、学生が協力してくれています。
募金額も、これまでに7000ポンド以上(100万円近く)集まったそうです。
学部長からはすぐに励ましと、最大限の支援をする旨のメールが届きました。
そういう心づかいに胸が熱くなりました。

海外にいても日本国内にいても、被災地のために何かしたいけどできない
もどかしさは誰しも持っていると思いますが、
海外にいると、日本国内に漂う喪失感や復興への意気など、
いまの「空気」を共有できないという焦りがあります。

自分の国がこんな非常事態なのに、
自分で情報を探しに行かないと、ここで普通に生活していたら
本当にあの震災が起きて、大勢の人が家族や友達を失って悲嘆に暮れていて、
いまも行方が分からない人、避難所生活が続いている人、
先の生活の見通しが立たない人、終わりの見えない原発の影響に脅える人がたくさんいるということを、現実のことのように感じられなくなります。
日本にいれば、新聞やテレビや人との会話から否応なしに東北のことが
頭から離れないと思うのに、ここにいると恐ろしいことに忘れてしまえるのです。

特に天気が良くて、空には一つも雲がなくて、
学生が芝生の上でビールを飲んだりボールで遊んだりしてて
そんな中自分もピクニックなんかして
海外の友達とたわいもない会話を楽しみながらのんびりしていると、
東北のことは頭からすっかり抜けてしまいます。
そしてその後には、そんな自分に罪悪感を感じたりしてしまいます。

この環境をどうにかすることはできないのだから仕方ないと割り切る一方で
でも日本国民として、できる限りのシンパシーを共有できるように
できる限りの情報に接していきたいというのがいまのところの結論です。


それにしても、やはりまだ信じられません。
そんなこと言ってる場合じゃないのは分かっているけど、
2万7千という命が、何十という町が、一瞬にして消えてしまったことに、
いくら映像を見ても、一人ひとりの物語を読んでも、いまだに信じられない。
でもこれが本当だというなら、ただただ、亡くなった方のご冥福と、
破壊された町や人々の生活の復興をお祈りします。


   *  *  *

長くなりましたが、最近の私は、今学期の授業が先週ですべて終わり、
課題に追われる毎日です。今日、一つ提出して、課題も残すところ一つ。
それを提出したら少し休憩して、5月初旬にある試験勉強、試験後は修論に取り組みます。

こちらはすっかり春爛漫。桜や水仙が咲き誇っています。
サマータイムにも切り替わり、日が長くなりました。19時でもまだ明るい。
ここ数週間好天が続いて、日中は25度をこえることも。
大学に隣接する湖沿いの芝生の上で寝っころがると気持ちいいです。

振り返ると、雪が降ったりして寒かったのは去年の11月〜12月下旬までで、
年末からは温暖な気候が続いていて、冬らしい冬をもう一度体験することなく
気がついたら春になっていました。


IMG_9498.JPG
↑キャンパス内。右手に見える丘は、某友人が呼ぶところの「アングリ山」。
「山」は言い過ぎだけど、ちょっとだけ見晴らしがいいのでぼーっとするにはもってこいの場所

IMG_9455.JPG
↑水仙。これもキャンパス内。ここ1ヶ月以上、まちに出てません。

IMG_9467.JPG
↑キャンパス内に湖があるので、天気のいい日のランチは湖畔で。

rural policy.jpg
↑最後の授業のあとに記念撮影。これはrural policiesというモジュール。
気がついたら「あれ、今日が授業最後?」という感じで、びっくりしました。
これが人生の中で、大学で受ける最後の授業やもしれんのに

posted by ともちゃん at 10:22| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。