2011年05月28日

わが町に巨人現る

昨年7月からお世話になっているNorwichの町は
イギリス東部Norfolk地方の中心都市ではるものの
人口13万人(Norwich City Council)と規模も小さく、
また観光客からもほとんど注目されていない、言ってみれば「地味な」町です。
『地球の歩き方』にはホテル情報含めて3ページしか割かれていません。

私はそんな地味で素朴なところが好きではあるのだけれど、
でも最近アメリカで学ぶ友人がイギリスに遊びに来たときに
Norwichにも寄ってくれ、案内しているうちに
十分に観光の価値のある美しい町だと胸をはって言えるのでは、
と認識を新たにしました。
世界的にも有名なCambridge(Norwichから電車で1時間)のような豪華さや派手さはなくとも、
Norwichならではの由緒ある見所がたくさんあることに改めて気づいたのです。

そのうちの一つ、最も代表的な名所がNorwich Cathedral(大聖堂)です。
この容姿の美しさに見とれてしまいます。

IMG_0283.JPG
(斜めに撮らないと全体が入らない!)


1096年に立てられたもので、93mの尖塔はなんと英国2位!
ちなみに、1位はイギリス南部のソールズベリ大聖堂で123m。
30mも差をつけられていますが、写真を見る限り、姿の美しさでは負けていないのでは。
(ひいき目も入っているのかな?)

そして回廊の大きさでは英国最大なのだそうです。
(これらすべて、『地球の歩き方』からの情報)

IMG_0284.JPG

IMG_0310.JPG
(おそらくパブ帰りの陽気なおっちゃん三人組が日光浴してました)


こんなに立派な大聖堂ではあるけれど、市民ボランティアが案内をしてくれたり、
回廊の中を高校生カップルが仲睦まじくじゃれ合っていたり、
昼休み中のサラリーマンが読書をしていたり、と
市民にとっても身近な場所であることに心が和みます。


  *  *  *

ところでこの大聖堂が、2012年に公開される映画の舞台になります!
映画のタイトルは、

'Jack the Giant Killer'。

イギリスの童話をもとにした映画で1962年に公開されたもののリメイク版のようです。
直訳すると『巨人殺しのジャック』だけど、邦題は『ジャックと悪魔の国』。どっちもどっちですね。
ストーリーは、巨人に誘拐されたプリンセスを救うため、桃太郎の鬼退治のごとく仲間を集めて、
鬼が島ならぬGiant Kingdomに乗り込むというものらしい。
(↑いろんなサイトから寄せ集めた情報に基づく)

実はこの間友人が来てくれたときに大聖堂を訪れたらちょうどその撮影期間中で
大聖堂の中を見学することができなかったのですが、
かわりに超おしゃべりな警備のおっちゃんから、
中ではどんな風に撮影が進められているのかなどのおもしろい話が聞けました。

IMG_0223.JPG

おっちゃん(写真左)によると、この大聖堂はGiant Kingdomの宮殿という設定で、
中では巨人と人間との戦いが撮影されているとのこと。
ただ実際の巨人はCGなので、巨人に見立てた簡単なセットをもとに、
人間が逃げ惑ったり、戦ったりといったシーンが撮られているらしく、
傍から見ると随分滑稽だそうです。

実は翌日にまた寄ってみたら、撮影シーンが少しのぞけました。
手前のPCではCGで作られた巨人らしきものが動き回っているけれど、
カメラの向こう側ではクレーンを使って巨人の動きを仮に表現している様子が見えました。

ストーリー自体にはあまり興味はないけれど、
この美しい我らのNorwich大聖堂が舞台となっているとあらば
観に行かない理由はないでしょう!
来年の公開が楽しみです☆

punch.jpg
(巨人が大聖堂を壊しにかかった!!がおおーーー!!)


★ちなみに、Kyokoブログに聖堂内の写真が掲載されています。内部もビューティフルです!
posted by ともちゃん at 08:49| Comment(3) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

FT

FTが何の略かご存知ですか?

Free Trade? ノンノン
Fujii Takashi? コメディアンではありません。
Feel Trendy? うーーん、ちがう!


いや、もちろん正解はないのですが、ここNorwichでは
FT といえば、

 Fatty Tomoko

と皆が合意しています。
ぽよんと出たお腹、ぷにぷにの二の腕に、肉々しいほっぺた・・・
疑いもなく、fatty(=脂肪質状の;ひどく太った;脂肪過多の)の条件を満たしています。


・・・そんなわけで、前回のブログの正解は、4kg「増」(!)です。
正解された皆さんにはもれなく私の脂肪を一部プレゼントしま〜す!


ちなみにその事実が発覚した翌日からダイエットを始めようと思ったわけですが・・・

翌晩。
IMG_0173.JPG

韓国人友達・ヨンソンの部屋で、二人でアイス1リットルを完食。
さらに夜中1時までビールとつまみで語り合っていました。

その後もなんだかんだ食べ続けてます。
ともちゃんが本気になる日は来るのだろうか・・・?


合言葉「ダイエットは明日から!」から早く卒業しなければ!
posted by ともちゃん at 06:43| Comment(12) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

あれから6年

3月中旬から2ヶ月間、信じられないほどの晴天が続いていたのですが、
ここ数日は曇り空が広がって時々雨もぱらついたりして、
ようやく落ち着いて勉強に取り組む気持ちになってきました。
これまで、毎日がピクニック日和だったのは嬉しい反面、
勉強にとっては明らかにマイナスだったので、今日は曇り空に感謝したくらいです。

さて。いま、あるプログラムに応募するために履歴書を書いていて、
その「ボランティア経験」欄に書き記した

 2005年 三宅島帰島支援ボランティア

について、更なる情報を書き加えようと何気にネットで検索したら、
三宅島帰島5年、復旧から復興へ、という2010年の映像が目に付きました。

(5分)

さらに、最近島に戻ってきて、島の農業や文化体験ツアーのビジネスをおこして
三宅島をもっと面白い島にしたいと奮闘する25歳女性のドキュメンタリーも。


6年前の2005年2月に避難指示が解除され、ぞくぞくと帰島する人たちの
生活再建のお手伝いをするために私が三宅島に出かけたのは5月のこと。
一週間、いろいろな家庭にお邪魔して、
住居まわりに積もる火山灰をスコップですくって取り除いたり
避難していた4年半の間に伸び放題になっていた1メートル以上の雑草を刈ったりする
作業を、朝から夕方まで汗だくになりながらやりました。

作業の合間の休憩時にはお茶を飲みながら、
東京避難中の苦労話や雄山噴火前の三宅島の話などを聞いたりして、
2003年から東京で暮らしていた自分が、
三宅の人たちの痛みも知らずにあまりに無関心に過ごしてきたことを
申し訳なく思ったものでした。
この時の非難解除も一部地域に限られ、まだ人が戻っていけない集落を車で走り抜けましたが、
一面に白く枯れた木々が広がり、人気のなく荒れ果てた集落は見るに無残でショックでした。

船で三宅を去るときは、「これからもどんな形でもいいから三宅島とつながっていこう」
なんて心の中で誓いながら、まだ火山ガスの立ち上る島の影が見えなくなるまで
いつまでも眺めていました。


ところが、ところが。
時の移ろいとともに私の興味関心もいろんなところに移ろっていき、
今回、この映像を見るまでは、すっかり三宅島のことなど頭の片隅から消えていました。
もちろん新聞やネットで三宅島のニュースを聞いたり見たりすると気には止めるけど、
自分から敢えて情報を求めていったのは少なくともこの5年はなかったのではないかと。

あの時の決意は何だったのでしょう。
まあ、人間は忘れやすい生き物なので仕方ないとはいえ、
何だかその時々で調子よく、優等生みたいなことを思っては
すぐに別の関心ごとに飛びついていく、自分の人生がその繰り返しだけの
薄っぺらなものに思えてきて何だか情けなくなりました・・・。


と、まあ、自己反省はここまでにして。
ただ、今回の映像を見て、やはり一週間という短い期間とはいえ、
住民が帰島したばかりの6年前の三宅島を体験させてもらった身として、
例えばパッションフルーツ栽培や村体験ツアーなどの新たな産業づくりに燃える
地元の人の姿を知れて、ただ素直に嬉しさがこみ上げてきたのでした。

三宅島特産のくさやも懐かしいな〜。
お土産に買って帰ったんですが、親からは「くさやはいらない」と拒否され、
結局誰にあげたのか、全く思い出せません・・・。


いろいろな理由で帰島できずに東京で生きる覚悟を決めた人や、
帰島しても観光客や漁獲高が以前の水準に程遠く苦しい生活を強いられている人など、
いずれにしても厳しい状況は続いているわけですが、
この復興の息吹を何とか確実な復興へとつなげていって欲しいなと思います。
(また調子のいいことを書くと後で自己嫌悪に陥りそうですが・・・
またいつか三宅島に遊びに行きたいなぁ・・・とちょっとつぶやいてみる)

そして、4年半にわたる避難生活の後、6年が経過した三宅島の姿を知って、
すぐに頭をよぎったのは、原発事故によって避難を余儀なくされている福島の人たち。
いつになったら復興段階に移れるのでしょう


  *  *  *

こんな話の後に書くのは気がひけるのですが・・・。
先日4ヶ月ぶりに体重計に乗ったら・・・なんと4kg●!

さて、●の中には何が入るでしょう?(・∀・)

posted by ともちゃん at 09:48| Comment(7) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。