2011年06月22日

私の弟

私には弟がいます。(姉もいるけど、今日は弟の話)

証券会社で働くイケメンで3児の父、
奥さんは矢田亜希子似(結婚当時)のべっぴんさん、
というとものすごくデキル、完璧な男のように聞こえるけど、
人生いろんなまわり道をしながらここまで来て、
しかも趣味は週末農業、でっかい大根を種から育てたことを自慢する
至って朴訥な人間です。
(少なくとも私の知る限りでは・・・。)

言葉や態度はぶっきらぼうだけど、なかなか情に厚い男で
家族や友人想いのいいヤツなのです。

そんな弟から先日小包が届きました。
開くと、家族からの応援ビデオメッセージ入りのDVDと、
イラスト付のメッセージカードが入っていました。

甥や姪たち(ついでに姉とか両親)の愛らしい姿に癒されたのは言うまでもないことですが、
そのメッセージカードがまたよかったんです。
今の私が一番必要としている言葉がそこにはありました。
部屋に貼って、毎日力をもらっています。


そういえば4年前にかけてくれた言葉も思い出深いです。
ブルキナファソに発つ数日前に、急に「(私に)蛍を見せに行きたい」といって
夜中に実家から山ひとつ越えた場所に連れてってくれたのですが、その時に

「俺が言いたいのは、生きて帰って来い、ってことだけ」

と、彼はぶっきらぼうに言いました。
アフリカに2年間行くくらいで大袈裟な(笑)とも思ったけれど、
その言葉がやたら胸に染みて、
「よく無謀なこともするけど、もっと自分を大事にして頑張ってこないとな」
と気持ちを新たにしたのを今でも覚えています。
(どうでもいいけど、その時のドライブのBGMは華原朋美だった、笑)


というわけで、わっちょん(と弟を呼んでいる)、いつもありがとう。
こんな頼りない姉ですが、これからも温かく見守ってね。(*´∀`*)

posted by ともちゃん at 05:58| Comment(9) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。