2011年07月23日

こんなことがあっていいのか!31歳の記念日

7月21日は私の31回目の誕生日でした。
いつも私を支えてくださっている皆さま、本当にありがとうございます。

今年の誕生日は、ちょっと「こんなことがあってもいいのか!?」と
いまだに信じられないくらいのスペシャルなものでした。


21日に友達がパーティーを企画してくれていて、
10人ちょいの友達が参加してくれる旨を伝えてくれていました。
他の友達数人は「ロンドンに行っている」「論文が忙しい」などの理由で不参加を表明。
みんな忙しい時期なので、10人でも参加してくれるだけでも有難いな、と思いながら、
みんなを楽しませるビデオなんかをこっそり用意していました。

誕生日前日の20日、友人Y氏が夕飯をご馳走してくれるというので
彼の寮のキッチンに向かいました。
夕飯のテーマは「地中海」という話だったので、
自分の持っている服の中で一番「地中海」っぽいものを着ていき、
どんな料理が用意されているんだろう、とうきうきしながら。

彼のキッチンに着くと、いきなり椅子に座らされ、
「地中海気分を盛り上げるため」(?)の音楽をイヤフォンで大音量で聞かされ、
目隠しをされた上、顔にマスクをかけられました。
何事か!?と思いながらも、よくそういう変なことをする人だから、
深く考えずにイタリアかどこかの音楽を楽しんでいると、

少しして、ババッと目隠しがとられ、イヤフォンが外されると、

な、なんと、目の前には、

30人以上の よく見た顔が 勢ぞろい !!!


中には、ロンドンに行っているはずの友達や、論文に忙しいはずの友達までいます。


そして、ろうそくのついたケーキが運び込まれてきて、
バースデイソングの大合唱が始まりました。


最初はまったく状況が飲み込めず大パニックに。
状況が分かってくると、今度は感動のあまりろうそくもまともに吹き消せませんでした。


筋書きはこうだったんです。
もともと21日に予定されていたパーティーはフェイクで、
みんなには20日だと伝えられていて、私が到着する前にみんなは集合して
部屋やシャワールームの中でじっと静かに待っていてくれたそうです。

しかも、何人かが21日のパーティーに「来られない」と言っていたのも、
私をまずがっかりさせておきながら、ダブルでサプライズさせるという
作戦の一つだったのです!

なんという手の込んだ、よく考え込まれたサプライズパーティーでしょう・・・。
この企画が私にバレないように、それはもう細やかなあらゆる対策をとってくれていたみたいです。


こんな心臓が飛び出るくらい驚かされた経験は人生で初めてだったし、
こんなたくさんの、しかも大好きな友達に祝ってもらう誕生日も初めてだったし、
みんな忙しい中で料理を作ってきてくれたりプレゼントを用意してくれたりして
もう感動のあまり何も喉を通らないくらい幸せな誕生日を過ごしました。

tomoko.jpg

夜中の0時には再びバースデーソングの大合唱。

大袈裟かもしれないけど、この世に生まれてきて、
渡利智子という人生を生きていることに心底感謝した一日でした。

同時に、このNorwichの地で、こんなにあたたかい友達に出会えたことを確認できて、
とにかく嬉しかったです。


パーティーだけでなく、こんなサプライズビデオまで作ってくれました。





ここにいない大親友や、前の職場の理事長まで登場して、
いつのまにここまで用意してくれたのか・・・
本当に有難いです・・・。

涙と笑いなしには見られません。


パーティーに集まってくれた友達以外にも、
カードやメールやフェイスブックなどを通して100通以上のお祝いメッセージをいただき、
なんというか、一言でいうと、

本当に幸せ者だな〜〜  と。

よく自分に自信をなくしてくよくよすることはあるけど、
みんなに生かされてる自分をもっと愛してあげて
この一年、充実したものにしていきたいと思います。

cake.jpg
(写真/Supitcha)

chris.jpg
(写真/Chih-Hao Lin)
posted by ともちゃん at 02:20| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。