2011年05月19日

あれから6年

3月中旬から2ヶ月間、信じられないほどの晴天が続いていたのですが、
ここ数日は曇り空が広がって時々雨もぱらついたりして、
ようやく落ち着いて勉強に取り組む気持ちになってきました。
これまで、毎日がピクニック日和だったのは嬉しい反面、
勉強にとっては明らかにマイナスだったので、今日は曇り空に感謝したくらいです。

さて。いま、あるプログラムに応募するために履歴書を書いていて、
その「ボランティア経験」欄に書き記した

 2005年 三宅島帰島支援ボランティア

について、更なる情報を書き加えようと何気にネットで検索したら、
三宅島帰島5年、復旧から復興へ、という2010年の映像が目に付きました。

(5分)

さらに、最近島に戻ってきて、島の農業や文化体験ツアーのビジネスをおこして
三宅島をもっと面白い島にしたいと奮闘する25歳女性のドキュメンタリーも。


6年前の2005年2月に避難指示が解除され、ぞくぞくと帰島する人たちの
生活再建のお手伝いをするために私が三宅島に出かけたのは5月のこと。
一週間、いろいろな家庭にお邪魔して、
住居まわりに積もる火山灰をスコップですくって取り除いたり
避難していた4年半の間に伸び放題になっていた1メートル以上の雑草を刈ったりする
作業を、朝から夕方まで汗だくになりながらやりました。

作業の合間の休憩時にはお茶を飲みながら、
東京避難中の苦労話や雄山噴火前の三宅島の話などを聞いたりして、
2003年から東京で暮らしていた自分が、
三宅の人たちの痛みも知らずにあまりに無関心に過ごしてきたことを
申し訳なく思ったものでした。
この時の非難解除も一部地域に限られ、まだ人が戻っていけない集落を車で走り抜けましたが、
一面に白く枯れた木々が広がり、人気のなく荒れ果てた集落は見るに無残でショックでした。

船で三宅を去るときは、「これからもどんな形でもいいから三宅島とつながっていこう」
なんて心の中で誓いながら、まだ火山ガスの立ち上る島の影が見えなくなるまで
いつまでも眺めていました。


ところが、ところが。
時の移ろいとともに私の興味関心もいろんなところに移ろっていき、
今回、この映像を見るまでは、すっかり三宅島のことなど頭の片隅から消えていました。
もちろん新聞やネットで三宅島のニュースを聞いたり見たりすると気には止めるけど、
自分から敢えて情報を求めていったのは少なくともこの5年はなかったのではないかと。

あの時の決意は何だったのでしょう。
まあ、人間は忘れやすい生き物なので仕方ないとはいえ、
何だかその時々で調子よく、優等生みたいなことを思っては
すぐに別の関心ごとに飛びついていく、自分の人生がその繰り返しだけの
薄っぺらなものに思えてきて何だか情けなくなりました・・・。


と、まあ、自己反省はここまでにして。
ただ、今回の映像を見て、やはり一週間という短い期間とはいえ、
住民が帰島したばかりの6年前の三宅島を体験させてもらった身として、
例えばパッションフルーツ栽培や村体験ツアーなどの新たな産業づくりに燃える
地元の人の姿を知れて、ただ素直に嬉しさがこみ上げてきたのでした。

三宅島特産のくさやも懐かしいな〜。
お土産に買って帰ったんですが、親からは「くさやはいらない」と拒否され、
結局誰にあげたのか、全く思い出せません・・・。


いろいろな理由で帰島できずに東京で生きる覚悟を決めた人や、
帰島しても観光客や漁獲高が以前の水準に程遠く苦しい生活を強いられている人など、
いずれにしても厳しい状況は続いているわけですが、
この復興の息吹を何とか確実な復興へとつなげていって欲しいなと思います。
(また調子のいいことを書くと後で自己嫌悪に陥りそうですが・・・
またいつか三宅島に遊びに行きたいなぁ・・・とちょっとつぶやいてみる)

そして、4年半にわたる避難生活の後、6年が経過した三宅島の姿を知って、
すぐに頭をよぎったのは、原発事故によって避難を余儀なくされている福島の人たち。
いつになったら復興段階に移れるのでしょう


  *  *  *

こんな話の後に書くのは気がひけるのですが・・・。
先日4ヶ月ぶりに体重計に乗ったら・・・なんと4kg●!

さて、●の中には何が入るでしょう?(・∀・)

posted by ともちゃん at 09:48| Comment(7) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

点と点がつながる

9〜12月の秋学期、1〜4月の春学期、今月初めの秋+春学期総まとめ試験を終えた今、
よく感じるのは、「点と点がつながる」という感覚。

学期中はとにかく毎回の授業、課題をこなすのに精一杯で、
全体を俯瞰して見たり、一つひとつの理論をつなげて考えたりする余裕もありませんでした。

それが今回の試験勉強を通して、
学んだ理論やコンセプトの意味や意義がようやく分かったり、
一つの理論を複数のケースにあてはめて考えることで新たな視点を得たりして、
いろいろなものが少しずつ頭の中でつながっていくのを感じました。

それが一本の線になったかというとまだまだ道のりは長いし、
試験の散々な結果を思うと、私はまだ何も得ていないのではないかと自信を失くしそうですが、
それでもこの漠然とした形にならない手応えが、
修士論文を通して確かなものになるといいなと思っています。


IMG_9509.JPG
(課題や試験勉強のためによく占拠していたセミナールーム。前は図書館で勉強していたけれど、校舎の空き教室は広いスペースを一人で独占できるので、それに味をしめて、最近は図書館から足が遠のいています)


  *  *  *

あともう一つ、「点と点がつながる」のを感じるのが、人間関係。
学期中はみんな忙しくて、特定の仲間や同じコースの人とは
プライベートとかグループワークを通して多くの時間を共有したけれど、
開発学部に百何十人いる中で、そんな濃厚な時間を過ごせたのはせいぜい30人くらい(かな?)。
残りの人とは、学校で会ったときに立ち話をしたりする程度でした。

いまもそれは変わらないけれど、ただ、「会ったら立ち話する程度」の関係でも、
気がつけばそれが今まで何十回と繰り返されてきた中で、
知らぬ間に築かれていた絆ともいうべき心のつながりを最近感じることが多くて、
それが嬉しくもあり、残された時間を思うと悲しくもあります。

先日は、学部側全額負担で企画された小旅行に、同じ学部の仲間80人以上が参加しました。
見慣れた顔も、普段見慣れない顔も揃って、
それでもDEV(学内では、開発学部のことを「DEV(デブ)」と呼んでます)の一員としての
絆を共有しているような、そんな居心地のよさを感じました。

IMG_9910.JPG

ここでの大学院生活も、あと3ヵ月半。
もっともっと、多くの知と人の心とつながっていきたいです。


〜〜〜〜〜
(追伸)
期末試験について、Kyoko & Yuya ブログに詳しいことが書いてあります。
小旅行についても、Yuya ブログをご参照ください。
ともちゃんねる補足担当のお二人、いつもありがとう☆

posted by ともちゃん at 08:38| Comment(7) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

「地獄辛いぇーで」うーめん

先週水曜日に無事・・・ではないけど、何はともあれ試験は終わり、
遊び呆けること数日、今日から気合を入れ直して修士論文に取り掛かります。


でも、その前にちょっと、(いつもの通り)くだらない話を。

先日買った「日本式ラーメン」0.80ポンド(100円くらい)。

IMG_9969.JPG

生めんに惹かれて何の気なしに買ってみたんですが、
いざ調理する段になって裏面の作り方を見ると仰天。

日本語で作り方が書いてありました。
原文のまま、ここに写します。

作り方:(1人前)
1.約300ccのお水を鍋に入れて沸かし、うーめんを入れる。
2.1分ぐりぃ煮て、お箸で掻きまわつて、そして調味料の包を入れて掻きまわつて下さい。
3.すぐ日本風を含みの「地獄辛いぇーで」といううーめん面になる。

(証拠写真↓)
IMG_0011.JPG


表の写真ではそんな「地獄辛いぇーで」的なことは何も書いてないのに、
作り方のところにこっそり書くなんてそれはひどいんじゃないか!?とツッコミつつ、
どんな辛いラーメン(うーめん?)なのかと、
早速この手順に従って1分ぐりぃ煮て作ってみると・・・


なんてことはない、マイルドな鶏がらスープでした (=_=) (しかもかなり美味)


ちゃんちゃん
posted by ともちゃん at 18:16| Comment(4) | アホ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。